February 6, 2017

私は虫や爬虫類、とくに足がないヤツや足がありすぎるヤツが苦手です。

具体的には、ミミズやムカデ、ヘビなど。

見た瞬間に、背筋がぞわっ、お尻の穴がきゅっとします。

でも、一人目が生まれた時に、

自分が苦手なことが子どもにも苦手にならないように、

と意識はしていました。

私がそう意識していたせいでは、おそらくないのだろうけれど、

長女はなぜか虫も爬虫類も平気です。

小さい頃から、全然、怖がりませんでした。

保育園でお散歩に行った先で、

ダンゴムシをたくさんたくさん

ビニール袋に詰め込んで、

お迎えに行った時に

「おうちにつれていくの」と言われたこともありました。

...

February 5, 2017

これはお友達のお坊ちゃま

去年の今頃の写真(当時3歳)。

熱が出たときに

頭にキャベツをかぶせると、

熱が下がると聞いて、

試してみたそうで。

う〜ん、頭にキャベツ!

さすがに起きている間は本人が嫌がるから、

寝てからこっそりかぶせたそうですが、

効果のほどはともかく、かなりおもしろかわいい!

うちの子たちが小さい頃に知っていたら、絶対、試していたと思う。

ヨーロッパやアフリカの民間療法という説もありますが、

cabagge hat や cabagge pillow などで画像検索してみても、

こういう写真はほとんで出てこないので、

どちらかといえば日本の「...

February 4, 2017

若いお母さんたちなら、

きっとよくご存知ですよね、ドクターベッタ。

孫がいてもいいくらいの世代の私には、

すごく新鮮、このカタチ。

出産時、4010gもあった長男は、

母乳では全然足りなくて、

また、ある病気のため発育に遅れがあったため、ふつうよりずっと長い期間、哺乳びんのお世話になりました。

今でも左腕に抱いた彼の重みと、右手で哺乳瓶を支えていた角度を、

身体が記憶しています。

あの頃、こんな哺乳びんがあったら、ぜったい試していただろうな。

飲ませやすそうだし、かわいいし。

そう思って、ドクターベッタのオフィシャルページをのぞいてみたら、

去年が20周年...

February 3, 2017

長男は発達障害なので、

小さいときから今現在にいたるまで、とにかく色々やらかしてくれます。

やらかしっぱなしです(笑)。

親激怒、血圧大上昇みたいな

深刻な失敗もあれば、

ひたすら脱力系のやらかしも多々。

このブログは子育て中のママさんたちにちょっと一息、のブログなので、

深刻な話はそっとどこかに紛れさせるくらいにしておきましょうか。

今回は脱力系のエピソードその1。

ある時、「幻のリンゴ、輪切りで食べて」と、頂きものがありました。

息子に「コミツ」って名前をメモしておいて、と頼んだら、

「ミツって秘密のヒの上に虫だよね」と、

もうどこからも突っ込みようの...

February 2, 2017

長男は生後4ヵ月で発作を起こし、

おそらく普通学級に入るのも

難しいだろうと言われました。

療育的なことは、色々と試しました。

3歳の時に良い指導者にめぐりあい、

その指導のもと、夫と私が直接、

さまざまな療育的なはたらきかけをしてきました。

言葉も動作も遅くて、小中学校とも普通学級に在籍しながら、

特別な配慮の必要な子どものための学級に「通級」もしました。

でも、すべてが遅れているわけではなく、

平均よりものすごく優れている能力もあったりするのです。

発達障害というのは、できることとできないことの差が大きい、

「発達でこぼこ」のことだと知りました。

小学校...

February 1, 2017

親が言うことは全部イヤイヤ!

そんな時期って、

どの子にもたぶんあります。

うちだってもちろん、ありました。

とくに末っ子はひどかった。

子どもはイヤイヤ、親はイライラ、

しんどいですよね〜

いろいろな対応法があると思いますが、

ぬいぐるみやお人形の利用もその1つ。

私も使いました。

二女のお気に入りのぬいぐるみを手に、

腹話術みたいに声音を変えて、

「ねえ、かなちゃん、これとってもおいしいよ、

かなちゃんがたべなかったらボクがたべちゃおうかな、

あ〜ん…」なんてね。

食べたくないってダダをこねていたのに、

魔法の効果はてきめん!

「あ〜ダメダメ、かながたべう〜!」

...

January 31, 2017

昨日の続きですが、

うちの二女の場合。

大学受験を目前に控え、

お正月のかまぼこを

手間暇かけて飾り切りに

していましたっけ。

「そんなんはいいから、

勉強せい〜!」って

親は心の中で絶叫!!!

この写真、FBにアップしたら、

「受験が近づくにつれ、私も

お菓子作りしたくなったりした」

なんてコメントもあったりして、

息抜きというか逃避の場として、キッチンを選ぶ子も少なくないかも、と。

で、本人、その後どうなったかといいますと。

志望校、全滅。

4年後の今、アメリカ留学中です。

同級生たちからはだいぶん遅れているけれど、

この秋からある州立大学の3年次に編入です。

失敗...

January 30, 2017

今日は、ピアノ教室のお話です。

受験シーズン到来ですね。

高校受験を目前にした生徒さん、もと生徒さんの顔が浮かびます。

頑張り屋さんのSちゃんは、

中2の発表会でショパンのワルツ遺作を弾いたのを最後に、

受験生モードに切り替えるためレッスン終了。

1年以上会っていないけれど、どうしているかな…。

Sちゃんと同じくらい優等生のIちゃんは、

ピアノが勉強の息抜きになるからといって、

今週もレッスンに来ます。

ピアノの練習がはかどらなかった週は、

発声練習の後、卒業式で歌う「あなたへ」などを歌って、

すっきりした顔でレッスン後、塾に向かいます。

野球少年だったNく...

January 28, 2017

けっこう有名だから、

知っている方も多いかも。

でも街なかで見かけることは、

あまりないのよね、「こわっか」。

ベビーカーを使ったり

荷物が多かったりで、

子どもの手をつなげないときの

お助けグッズです。

ボク・ワタシ専用のつり革だからね、

子どもはぜったい喜びます。

といっても、私の子育て時代には、残念ながらありませんでした。

うちの子なんか2歳違いの3人きょうだいだから、

あったらきっと重宝していたはず。

長女が大学生のときだったかしら、

私の友人の2人目の出産祝いにどう思う?と聞いたら、

「これ、自分が小さいときにあったら、ぜったい大好きだったと思う」って...

January 27, 2017

自分の子育ては、ほぼ終了。

でもピアノのレッスンで毎日、園児や小中学生との接点があって、

エネルギーを分けてもらったり、ときには吸い取られたり(笑)。

3歳のときからうちに来ているRUIくんは、もうじき2年生。

1年くらい前は30分のレッスンのうち10分は喋っていました。

大好きな番組「ダーウィンが来た!〜生きもの新伝説」で仕入れた、

私も知らない動物ネタの数々、

それにお決まりの妖怪ウォッチや戦闘モノの話。

止めても止まらないので、ひとしきり喋らせたあと、

「さあ、ピアノの番だね」というのがいつもの流れ。

ある日、「もしインセキが落ちてきたらねっ」と...

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

February 2, 2017

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square